2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4)Transport



島内では、建築に関する資材など買うことができません。
すべてのものは、ロンボク島、しかも、ほとんどが島の中心地マタラムより
運ばなくてはなりません。

まず、ロンボクで、必要な資材を購入。
一つのものを買うのにも、日本では考えられないほどの労力や時間が必要な時も。

そして、当然経費のことを考えると、出来る限り一回の運搬で多くのものを運びたい。
しかし、思うように必要なものが見つからず、予定より1~2日出発が遅れること、ほぼ毎回。

そして、マタラムで、トラックを運転手付きで200000Rp(約2500円)で借り、
そこから、約一時間かけ、ロンボク島の北西沿岸メノ近くにある小さな漁村へ。

そこで、船を200000Rpでチャーター。
荷物の積みおろしは、漁村の人たちをポーターとして雇う。そして、約30分、
船に揺られて、The sunset geckoのビーチへ到着。

そして、ここでも、同じく荷下ろしは、島民をポーターとして雇う。
島での建設は、やはり、この移動というのが大きな問題で、実際に一回の運搬に
日本円で約1万円かかっています。

それ以外でも、ちょっとしたものが、突然必要になれば、マタラムまで行かなくては
購入できないものもあるので、そういった場合は、スタッフの誰かが行かなくてはならず、
それだけで、半日以上はつぶれてしまいます。
但し、現地スタッフが移動する場合の移動費は、ボクら外人よりも安く行けますが。

こういった点は、島でやることのデメリットです。もちろん、一長一短ですが。 


IMG_1215.jpg
材木屋にて

IMG_1219.jpg
よく行く中華系インドネシア人経営の材料工具屋

IMG_1224.jpg
トラックでの資材運搬

IMG_1243.jpg
漁村での、トラックからボートへの荷物運び。ポーターとして雇った漁村の人たちです。
ここでは女性がよく働いていました。

IMG_1980.jpg
前の写真とは別の場所ですが、同じく資材をボートに運んでいるところです。

IMG_1983.jpg
こんな感じで、島まで資材と行きます。

IMG_1580.jpg
メノについてからの資材を下ろしているところです。到着が遅れ、夜になってしまうことも多々。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thesunsetgecko.blog26.fc2.com/tb.php/45-d3cd1bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

オオヤマモル

Author:オオヤマモル
www.thesunsetgecko.com

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。