2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食について


ゲッコウプロジェクトを通し、経験から学んぶことができたこととして
食に関することは、その中でも大きなものの一つ。

そんなお話をいくつか。

ゲッコウプロジェクトを初めてからこの二年で五回に及び約二ヶ月の滞在をしてきた。
現代日本の加工食品や以上に清潔な食事で育ったせいか、正直、消化器系が
あまり強くない自分は外国での食事は結構不便。
しかも、どちらかというと好き嫌いの多い方。

そんなわけで、当初は、当り障りのないところでナシ・ゴレン日本でいうところの炒飯か
ミ・ゴレン焼きそばばかりを食べていた。

これだったらお腹を壊すこともないし、味もそれほど変なものが出て来ることはない。
ゲッコウが出来るまでは、毎回レストランで食事を食べるしかなくこんな具合だったけど。

二回目の滞在よりゲッコウのキッチンにて、雇った地元の女の子シェフの料理を食べるように。
基本的には菜食を中心とした料理、時々メノでとれた魚やチキン。
味付けは基本的に薄味。

最初のうちは、物足りなさに、日本で食べるような濃い味付けでお腹に
どっしりとくるものを食べたくなることがたびたび。

しかし、ここは、小島。
そんなものを食べたくても食べるところがない。

そんなわけで、ゲッコウでの二ヶ月は健康的な食生活をおくることに。

そんな生活のなかで、日本にいる時に比べ体が軽いことになんとなく気がつきだす。
もちろん、ゲッコウでの体を使った仕事や自然の中にいるとかいろいろなことが
影響もしてるんだろうけど。
食事が一つの要因だってことにもなんとなく気がつきだす。

そして、日本に帰国してから、何度か食事をするうちに、食事中の自分の歯の異変に気がつく。
どうも、歯の間や歯周のあたりがピリピリとする。

で、なんだろうなって考えているうちに、料理に使われている化学調味料が原因なのに気がつく。

ゲッコウの生活で完全オーガニックライフとまではいかないまでも、
調味料や香辛料なんかは、現地でとれたもので、うちのシェフが自分で調合し料理をしている。

そんなわけで、ゲッコウでの生活が日本にいるままでは得ることのできなかった感覚を
得させてくれた。

P1020525.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thesunsetgecko.blog26.fc2.com/tb.php/37-13bc32fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

オオヤマモル

Author:オオヤマモル
www.thesunsetgecko.com

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。