2008-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Takuの第5回滞在記 #1

12月1日 ゲッコウに到着!

3日前の11月28日の夜日本を出発し、その夜にシンガポールに到着。
トランジットのため朝まで空港内のソファーなどで仮眠。

旅の移動、特にトランジットでの永い待ち時間は、旅の中でも特に好きな時間の一つ。
空港にいる殆どの人は旅中、つまり、これから新しい場所で何か新しいことが待っている
人たち、そのことが、特別な雰囲気をつくっているような感じがする。

そして、29日の昼、バリに到着。
そのまま、クタにあるKEDINS2 というホテルへ。前回の滞在で見つけたバックパッカー
用の安宿で、75000RP約1000円で一泊とかなりお手頃。
しかも、宿にプールまであるし、部屋もなかなキレイ。
ただ、水シャワーしかなかったり、場所がハワイで言うところのワイキキにあったり、
しかも、夜はナイトクラブからのベース音が少し響いたりと、少し落ち着かない雰囲気。
まー、少しの滞在であれば、観光地の喧騒の中も悪くない。

そして、その日、次の日と、バリですましておかなければいけない雑用をすませることに。
11月の27日まで東京でバイトをし、出発まで、片付けと、準備に追われていたので、
できれば、バリで一息つきたいところだけど、、、、

12月の1日の朝、メノへ出発。ホテルに9時半に迎えのバンが来て他の旅行者と共に、
旅行会社のオフィスへ。
そこからバスで途中ウブドなどを通ってバリ島の東に位置するパダンバイ港へ。
そこで、ボートに乗り換え、一気にギリ三島へ。

約4時間程の航海の後、なんとか夕日が沈む前にメノに到着。
今回は、20名程のツーリストが乗っていて、メノへはボク一人だけ、そして、アイル
へも二人だけ、残りは全てトラワンガン。
時間があれば、ボートツアーで来るのも悪くない、他のツーリストと移動を共にするために、
いろいろと会話を楽しんだり、それに、ツアーガイドの現地の兄ちゃん達はフレンドリーで
面白い。昔、バックパックで南米を旅していた時のことを思い出す。

前回8月の始めにメノを出たので、5ヶ月ぶりのメノ。
小島なので、特別に何か変わっている様子もなく、
小島特有のゆったりとした空気が流れる。
やはり、メノに来ると落ち着く。

山の上にある小さな村や、半島の先にある街、孤立した場所のもつ特別な空気。
スタッフのカシェンとその弟で馬車の運転手?が、馬車で迎えに来てくれた。
5分ほどの移動でゲッコウに到着。

東京からの永い移動の末に、小さな小島の、もっとも静かなビーチにあるバンガロー、
ここで、これから一ヶ月半ほど、スタッフと一緒に働きながら寝食を共にする。

毎回、この現実を理解するのにいつも多少の時間がかかる。
とくにそれがあまりにも対照的な東京から来た場合は、時間がかかる。
数日前までは、何千万人が暮らす巨大な近代都市で、テレフォンアポイティングの仕事を
していたなんて。

これからは、わずか歩いて一周一時間、人口350人の島で、牛糞を混ぜて堆肥を造たり、
バンガローの建築をする日々が待っている。

sunsetgecko1.jpg


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

オオヤマモル

Author:オオヤマモル
www.thesunsetgecko.com

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。